d9クラブ被害者の会

すでに5,000名以上が参加している被害者の会

そこに届いたメッセージを共有します。

d9クラブ被害者の会に届いたメッセージ

重要連絡。

6月8日にカルロスから着金滞納問題の解決方法の報告を受けて、

D9のウィズドロー、着金滞納問題について、

今後の解決策について私から皆様に報告させて頂きました。

翌日の6月9日に、D9のデニーロ会長から、

ユーチューブにて、滞納のお詫びとシステム改善に40日(7月19日迄)必要で、

システム改善が完了したら、新たなシステムをスタートさせてウィズドローも出来るようにします、

というニュアンスの動画が世界中に配信されました。

ここまでの流れが、現在の最新情報です。

デニーロ会長のコメントの中に、40日のシステム改善中でも、

ウィズドローの滞納者には遅れながらでも着金出来るように努力はしていきます、とコメントしてます。

イタリアの一部の会員には、5月22日の滞納分の着金が【リアルに着金した】と報告されていますから、

日本の滞納支払も可能性はあると信じたい気持ちもあります。

下記がイタリアで着金した情報リンクです。カルロスに確認したら、確かに一部の会員には着金している事実はあるそうです。


上記の明るい事実もありますが、
日本においては、5月22日のウィズドローから【誰一人として着金が無い】のも事実ですから、

カルロスを含む、

【日本のD9トップリーダー】が、

日本全国の【D9会員を守る為】に、

下記の具体的な【解決策を実行】します。

【解決策 ステップ 1、】

まず、D9JAPANの会員を守る為に、

【ウィズドロー滞納請求サイト】を作りました。

【ウィズドロー滞納請求サイト】

d9alliance.com

上記サイトにメールとパスワードを入力して、指示に従って入力して申請下さい。

【サイトから申請する場合の注意事項】

必ずD9のバックオフィスのウィズドロー画面をキャプチャして、

自分が支払したD9ドルが明記されているキャプチャ、

実際にウィズドロー申請していて、
着金していないウィズドロー申請画面のキャプチャを、

サイトに添付してウィズドローの滞納請求依頼を完了して下さい。

申請方法が分からない会員も出てくるかと思いますので、
また改めて、サイトからの申請方法を分かりやすく纏めた文章を作成して案内させて頂きます。

【重要連絡】
会員からの滞納請求の申請受付は、
本日6月21日から、

【60日間限定】

で申請を受付致します。

申請受付の〆切は、

2017年【8月21日】になります。

申請期間の60日を過ぎてからの申請には、

【一切受付出来ません】

のでウィズドローの滞納請求を希望する会員は必ず期限を守り申請下さい。

60日の設定期限の理由は、弁護士の先生の意見で、30日ではサイト申請方法が分からない方や仕事が忙しく手続きする暇が無い方々も多数いる為、

【期間に余裕を持たせて】希望者全員がスムーズに滞納請求を完了する為にある程度余裕を持たせる為に長めに設定させて頂きましました。
今後の具体的な流れは❓

我々トップリーダーが国際弁護士に、
いきなり損害賠償の裁判ではなく、

先ずは【和解交渉】から依頼して、

【滞納者の署名】を上記サイトから集めて、

直接デニーロ会長の顧問弁護士に先ずは、

【滞納分の返金の和解交渉】をします。

注意事項は、
デニーロ会長に、いきなり

損害賠償の、

【裁判を起こす訳ではない】

という事です。

先ずは、弁護士と弁護士で【和解交渉】から始めるというスタンスになります。

和解交渉して返金された場合の金額は、

返金を【一番優先される会員】は、

2017年の三月、四月、五月に新規にD9契約して、

まだ、

【一度も着金してなく全く元本回収出来ていない会員】

になります。
次に、
三月以前から登録しているが、複利運用していて、ウィズドロー申請をしていなく、同じく全く元本回収が出来ていない会員の方々に対して、

最優先に返金するよう考えています。
元本回収済みだが、ウィズドローしたD9ドルが未着金の会員は、上記の元本回収が全く出来てない方々が元本回収出来た場合、

【次の返金対象】になる予定だと言う事を予めご了承下さい。
【解決策 ステップ2】

上記の滞納者の署名をデニーロ会長に提出して、

【返金に応じず、全く誠意ある対応が無い】

場合は、

我々が依頼している弁護士を通じて、

デニーロ会長に対して、

【損害賠償請求の裁判】を起こします。

既に、
ブラジルのカルロスのグループのトップリーダー

であるリカルドは、

既にブラジルのD9会員の、
【被害者の会】を立ち上げて、
【13万人の署名】を集めて、

D9本社及びデニーロ会長に対して、
和解交渉では無く、

【損害賠償の裁判】を既に起こしています。

その裁判の話題は【ブラジルのニュース番組】でも大きく取り上げられました。
重要認識

今回の弁護士による、

【和解交渉費用】や、

和解が成立しない場合の、

【損害賠償の裁判費用】の全ては、

【D9のトップリーダー有志が全額負担】

しますので、

日本のD9の会員の皆様の負担する金額は、

【一切ありませんのでご安心下さい】

我々トップリーダーの【最大の目的】は、
契約後未だ一回もウィズドローの着金がなく不安になっている方々を守り、

皆様の代わりに弁護士を通じて和解交渉して、滞納中のウィズドローを先ずは着金してもらう為の【交渉を実行する事】が最大の使命になります。
【依頼する弁護士事務所の情報について】

ステップ1の和解交渉の段階では、大変申し訳無いのですが、我々が依頼する弁護士事務所の情報は控えさせて頂きます。

理由は、弁護士の名前や事務所の情報を

開示した場合、全国から様々な問合せがや相談電話が鳴り止まない状況になる可能性がありますから、

弁護士事務所の通常の業務に支障を来たす可能性が高くなり、

最大の目的である和解交渉がスムーズにいかなくなる可能性があります。
ご理解ご協力お願い致します。

和解交渉が決裂して、損害賠償の裁判になる場合は、

皆様に弁護士の名前と弁護士事務所の情報は公開させて頂きますのでご安心下さい。

最後に、

大変申し訳無いのですが、
上記の件に対する質問等はなるべくご遠慮頂けたら幸いです。

理由は、
私には1日に多い日は、ラインの問合せが【1000件を超える日】もあります、

大変申し訳無いのですが一人、一人に対して【物理的に返答出来ないのが実情】です。

随時新たな動きや決定事項はアクティブに報告させて頂きますのでご理解ご協力お願い致します。

とのこと。