f:id:tavel:20170201145214p:plain

AIDP2PBTCという名前の読み方も正確に知らないシステムにどうしてこんなに引き込まれるのか。

TAVELがAIDP2PBTC(エイドピーツーピーでいいか?)という名前の読み方も分からない嘘みたいな仕組みのシステムに出会ったのが2017年の1月20日

その仕組みを頭のなかで想像しただけでワクワクがとまらなかった。

登録自体は2017年の1月21日となっている。

AIDP2PBTCというシステムはどうやら助け合いを基本の理念に作られている。

仕組み的には。

最初に0.02BTCを寄附するとレベルが1になる

(というか登録してから3日以内に支払わないとアカウントが消去される)

レベルが1になれば登録してきたばかりの

先程の自分と同じ立場のレベルを1にしたい(もちろん払わないとアカウントが消去されるのでほとんどが生命維持のために支払う事になる。)ユーザー2人から0.02BTCづつ寄附してもらえるようになる。

ここで0.04BTCが手元に残る。

しかしどうやらレベルが2になると

今度は4人から0.03BTCづつを寄附してもらえるようになるみたいだ。

レベルアップに0.03BTCを支払ってレベルを2にする。

すると自分の下にいる先ほどの自分と同じ立場のレベルを2にしたいユーザー4人から0.03BTCづつから寄附をしてもらえる。

(なぜ下のユーザーが0.03BTC支払うのか?それは自分と同じようにレベル2になって0.03BTCづつ皆から欲しいからだ。)

ここで合計0.12BTCが手元にのこる。

そして次はレベルを3へ。。。

この行為を8度繰り返してレベル8まで登っていく。

そして誰もが

最高報酬の2,048BTC(2億円)を狙っていく。

実に単純明快なGAMEだ。

今の流れを想像して難しいと思うだろうか?

TAVELはこの仕組みを目にした時に

とてもシンプルですばらしい仕組みだと思った。

そしてこれはビットコインでなければ成り立たず。

ネットの世界だからこそ光り輝くシステムだと思う。

現在AIDP2PBTCのTAVELと一緒にやってくれてるメンバー数は109人

総受け取り寄付額は1.95BTC

0.02からはじめてすでに元本が97倍になってる事実。

そして支払い待ちのポテンシャルはすでに177.79BTC。

f:id:tavel:20170201145023p:plain

完全に天下りが勝ち組になる仕組みなので

強烈に勧誘能力のあるチーム経由で入るのが最短で2億円を掴む道だ。

いつ始めるかじゃなくて、どこで始めるかが鍵になるGAMEがAIDP2PBTC

TAVELと一緒に上り詰めよう。

まだ1,508人のこのシステムに出会えた事に感謝したい。

f:id:tavel:20170201152909p:plain

http://aidp2pbtc.com/

登録方法は下記の記事を参考に。

www.tavel.jp

以前ビル・ゲイツが無一文になったらなんの仕事をするか?って問いに

MLMをやるよって言ってたのを思い出した。

LINE@でTAVELと友達になって下さい。
友だち追加