f:id:tavel:20170207115027p:plain

今日はABC(エアービットクラブ)で天下りと呼ばれる(TAVELが呼んでる)マトリックスボーナスのおさらいを一緒にしましょう。

理解出来ればとても簡単でした。(本当に)

エアービットクラブのマトリックスボーナスとは?

これが棚ぼたや天下りと呼ばれる報酬の正体で

紹介を出せない人のために作られた救済ボーナスです。

これが本当に素晴らしい。

早い人だと登録したその日からチャリンチャリンと入って来ます。

あなたの上の人や下の人が紹介を出す度に自動であなたを頂点としてマトリックスツリーがドンドン埋められて1人下に付く毎に10ドルの報酬が入りこんで来ます。

10人誰かが紹介してあなたの下に自動で配置されるだけで1万円ですよ!?

100人で10万円の報酬です。

他力本願常勝寺ってやつです。

TAVEL軍がどれだけの人数を紹介してるか想像できますか?

現在天下りが300,000ドル発生してるということは。

全員が1,000ドルのプランに入ってる場合でも300人の天下り。

250ドルのプランで計算した場合には1,500人です。

f:id:tavel:20170207120303p:plain

300人で30万円

1,500人で150万円のボーナスですよ?登録して何もしていなくても。

自動で生成される紹介ツリーが5段目まで埋まった場合に2,430ドル(250,000円)

もしも10段目まで人が埋まった場合には、590,490ドル(650万円)です。

f:id:tavel:20170207114911j:plain

どうでしょう。

これがマトリックスボーナス(天下りっくす)です。

どうして早く登録してポジションを持った方が得か分かりましたでしょうか?

TAVELは別に登録を煽っているわけではなく事実として。

こんな素晴らしい仕組みをほったらかしにしているのがハテナなだけです。

くえっしょん。

Q:なぜ私達はあなたの下に紹介者を配置するのか?

それはペアリングボーナスが欲しいからです。

ペアリングボーナスは配置しないと数値として反映されないので

いくら紹介しても配置をしないともらえません。

普通は登録した順番で配置するので。

自然とあなたの下に紹介者が集まってくる仕組みです。

集まった人数✕10ドルは確定です。

Q:エアービットクラブは紹介しなくても稼げるのか?

まずエアービットクラブは登録した3つのプランに合わせてデイリーボーナスが入ります。年利で150%はそれだけでも投資としたら凄いことですが。

合わせてマトリックスボーナスが入るので何もしなくても稼げると言えますね。

現在日本でのエアービットクラブ人口は800人も居ないです。(2017年2月7日現在)

韓国は1年で3万人

中国は2ヶ月で3万人です。

日本はこれからエアービットはどうなると思いますか?

1万人?2万人?3万人?

いえ、これから1年で軽く5万人は超えますよ。

ビットリージョンをご存知でしょうか。

7ヶ月前に日本で広まりだしたサービスです。

MLMの仕組みが大好きな日本人が興味をもった影響で

9万人近くいる会員の9割近くが日本人です。

想像して下さい。

ちなみにエアービットクラブのドメインは2021年9月27日まで取得してあります。

2020年で会員数100万人を目標にしているので当たり前ですね。

Q:エアービットクラブ報酬の引き出しはいつでも出来るのか?手数料は?

いつでも引き出し可能です。

引き出しが出来る金額はCOMMISSIONS WALLETに表示され。

毎日引き出し申請が可能です。

大体3日から8日でウォレットに着金されます。(手数料は8%です。)

f:id:tavel:20170207123948p:plain

なぜTAVELはエアービットクラブをオススメしているのか?

それは紹介を出せば出すほど自分だけが儲かる

今までのアフィリエイトやMLMの仕組みを見事に破壊してるからです。

今までは強力な集客力のある人間が一人勝ちの仕組みがほとんどでした。

しかしエアービットクラブは

自分が紹介たくさんを出せば出すほどその下のユーザーさんもたくさん儲かる。

そしてそのユーザーさんが本当は教えたくないけど友達や家族に紹介を出したくなるような素晴らしい仕組みだからです。

TAVELは2020年までに100万人を目指してるエアービットクラブの未来を一緒に作りたくなりました。

一緒にエアービットクラブの未来を作りましょう。

エアービットクラブの情報は随時更新していきます。

強力な紹介者数を生み出し続けるTAVEL軍への登録は下記からお願いします。

エアービットクラブカテゴリー記事

www.tavel.jp